日本の竜の神 恐竜には草食性のものと肉食性のものといたよ

Posted in : IT on by : whfbcdm Comments: 0

日本の竜の神 恐竜には草食性のものと肉食性のものといたよ。主に歯の化石ですね。以前に質問したのですが、回答がなかったので、もう1度質問させてください 恐竜には草食性のものと肉食性のものといたようですが、発掘された化石を見てどのようにしてそのような判断をしてい るのですか 恐竜。研究員は。どんな恐竜のどの部分の化石なのかを調査。分類し。どこに収蔵する
かといった整備全般が仕事です。福井産の5種の化石標本と種の復元骨格が
あるほか。体もの恐竜全身骨格が立ち並ぶ。世界三大恐竜博物館の一つ下
勝山市北谷町で発掘された獣脚類フクイラプトルの骨格写真提供/福井県立恐竜
博物館歯の化石であれば。ステーキナイフのようなギザギザがついていたら
肉食恐竜かもしれないし。首の骨だったら。形から首を高く上げられるのか上げ
られ

日本の竜の神。全長約メートルで全身の約割体積が保存されている日本屈指の恐竜化石
です。カムイサウルスは。日本産恐竜全身骨格で最大のものです。年に南
樺太現ロシア領で発見されたニッポノサウルスを除くこの骨化石は首長竜
の尾椎骨であると判断され。そのクリーニング作業は。他の重要な化石に次ぐ
ものとして後回しにされていました。が名でしたが。最大名まで増員し。
さらにボランティアスタッフも名が常駐しクリーニング作業を進めるようになり
ました。平成。例目は。カモノハシのような口を持つ草食の鳥脚類と呼んでおりますが。その
恐竜の歯。いずれも竜脚類と呼ばれる恐竜のもので平成年に発見された県内
例目の恐竜化石と同じ種類のものとなります。うまいこといけばですね。
今後の発掘の成果いかんではここに徳島県からの。多分徳島の名前のついた恐竜
が加わるのでは現在までに。これにあわせて見てみると。徳島からこの赤く
塗ったものは出てきておりますので。もうかなり。動物多様性ということ

カミナリ竜はどのように「上陸」したか。ルメットのような頭部の堅頭竜類パキケファロサウルスなど,背に骨の板 が
並ぶ剣竜脚類は,あらゆる恐竜のなかでももっとも壮観なものであること
はまちさて,そのカミナリ竜について,現在推定されている暮らしぶりを見て
みよ う.こでまず竜脚類という分類単位タクソンの成立史を明らかにし
ておこう.恐竜の化石骨は,それとは気づかれないまま,かなり以前から発掘
されて時イギリスで知られていた爬虫類はすべて肉食だったため,草食性巨大
爬虫類恐竜?恐竜化石。ジオパークに訪れた場合。ここで情報を入手して巡られることをお勧めします。
また。公園内「どきどき恐竜発掘ランド」では。実際の恐竜化石発掘地の岩石を
用いた化石発掘体験が開催され

主に歯の化石ですね。たかが歯の化石、されど歯の化石。歯は固く化石に残りやすいので恐竜学に於いて歯の化石というのは重要視されます。専門家が見れば食べていた物の大まかな種類や食生ある程度の分類等の推測も可能です。植物食恐竜の場合は大きく分けてスプーン型、鉛筆型、密集型、木葉型、デンタルバッテリー型に分けられます。例えば鉛筆型なら針葉樹の葉を食べていた??????????類の可能性が高いとか肉食恐竜の場合は大きく分けてナイフ型、バナナ型、円錐型等に分けられ例えばバナナ型ならティラノサウルス類だろう大きくて目立つ鋸歯が有ればティラノサウルス科のものだろうとか歯の無い恐竜嘴型の場合は主な食生の特定は意見が別れますがだいたいは雑食であったろうと言われています。勿論胃の内容物の痕跡化石が見付かっていれば一番特定出来ますけどね。胃内容物が化石となって残る場合は何を食べたかが直接分かります。しかしそういうのは稀です。多くの場合は歯や爪の形態から食性を推定しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です